ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

詩織さん事件で超党派議員が猛追及 急先鋒・森裕子氏は“永田町最恐”女史に対する私見

この件って検察審査会まで言ったうえで不起訴相当になっていると思っていましたが?

ということは司法では無罪が確定してますよね?

もしくは立件しても後半を維持するだけの証拠がないということではないでしょうか?

それを国会議員が取り上げるのは越権行為にもつながるのではないでしょうか?

そういえばこの方捜査権もないのに官邸で捜査しようとしていた人ですね。

一般人な私からすれば「本当に逮捕状が発行されていたの?」のレベルなのですが。

まあガイ野党の国壊議員ですからしょうがないのかもしれませんが。

詩織さん事件で超党派議員が猛追及 急先鋒・森裕子氏は“永田町最恐”女史

野党「共謀罪廃止法案」など提出に対する私見

要はガイ野党は『テロ等支援法案を出した』ということになるんじゃないですかね?

テロ等準備法案施行後TOC条約の発行ができ、またこれの影響かシーシェパードも日本に抗議するのを止めたきっかけになったと思われる法案をなかったことにしようとする意味を本当に理解しているのでしょうか?

結局のところこの法案を提出したガイ野党は間接的にテロ支援をし国民を苦しめたいと思われても仕方がないと思います。

さすが国壊議員ばかりの政党ですね!

www.fnn-news.com

議会での授乳が広まりつつある一方、乳児を連れた市議会の出席が認められない日本に対する私見

これって議員だけを特別にしてほしいって要望にも見えるんですが?

働く女性を応援するための問題定義のはならないですよね?

どの職業の人でも平等に利用できる制度を作るべくで議員は許されるというのは違うと思うんですが?

これが自衛官や警察官が職場に連れてきたら問題にならないですか?

別に議場に入らなくてもモニター越しに議論に参加するという形でも議員に関しては問題なくないですか?

本当に議場に乳児を入れることが必要な行為でしょうか?

子供の安全などももう少し考慮して発言や行動をしてほしいと思います。

www.excite.co.jp

朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐりに対する私見

朝日新聞社は、小川氏が森友学園加計学園に関する同紙の一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「捏造」と同書で記述していることなどに対し、「弊社の名誉・信頼を著しく傷つける不法行為」と主張。「厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」として、2週間以内の返答を求めた。【記事より抜粋】”

 

確か朝日新聞は足立議員の発言に対し取材に基づいて記事にしていると返していたと記憶しますが小川氏の著書も取材に基づいて書かれたものではないのですかね?

昨今の報道姿勢で朝日新聞に名誉や信頼がまだあると思っているのはすごいですね。

 

そういえば毎日新聞は忖度があること自体が間違いみたいなことも書いていたみたいですが新聞社って国民や市民に忖度してやってるんじゃないんですか?

忖度がいけないことだと思うのなら今すぐ新聞社などたたむべきではないでしょうか?

 

www.sankei.com

安倍首相の母校でこき下ろし=衆院選勝利は「消去法」-石破氏に対する私見

自民党石破茂元幹事長は18日、安倍晋三首相の母校である成蹊大学(東京都武蔵野市)で講演し、首相批判を容赦なく展開した。首相が打ち出した消費税増税分の教育無償化への充当について、石破氏は「党では誰も聞いていなかった。首相が何でも決められるなら党は要らないという意見もある」とこき下ろした。
 先の衆院選に関しても「何を決めてもらう選挙だったのか、国民もよく分からない。消去法的に自民党が勝ったのが現実だ」と述べ、首相が全面的に信任されたわけではないとの認識を示した。冒頭では「呼ばれたので、殴り込みに来たわけではない」と語っていたが、講演に熱が入ると首相への対抗心を抑えきれなかったようだ。(2017/11/18-18:03)【記事より抜粋】”

 

まず消去法で選ばれるということは野党が選択肢にすらなりえないという裏返しでもあるわけですがわかっているのでしょうか?

当然野党と同じようなことを言っている石破氏にもそれが当てはまると思うのですが、自民でなかったなら入れてない人がいると思いますよ?

まずきちんと自分の立ち位置も考えられない人が国のリーダーになれるわけないと私は思います。

党ではだれも聞いてなかった言ってるみたいですが石破氏につながる人には話が回らなかっただけでは?

www.jiji.com

山尾志桜里氏と望月衣塑子記者が対談「女」をめぐる政治語り合うに対する私見

少し気になるものがあったので。

 

”この数か月、自分の私生活の中まで土足で踏み込まれているとの思いがありました。女性議員のほうが私生活を露わにするべきだという要求が高いのは自然なことなのでしょうか。私はもともと、公私にはラインを引いてきたつもりです。家で料理はするのか、子供とは遊んでいるのかと問われても、私の政治家としての領域とは無関係と考えてきました。今回のことも同じです。

 もし私生活まで土足で入られることをここで私が認めたら、後に続く女性政治家が現れません。先進国の中でも日本の国会に女性議員が極端に少ないのは、そういう理由があるのではないでしょうか。『常識を超えている』『理解しがたい』とテレビのコメンテーターに批判されますが、私にとっては嬉しいコメントです。“永田町界隈の常識を変えること”が必要だと思っているのですから。【記事より抜粋】”

 

私が思う女性議員が少ない理由は『今いる女性議員が見苦しい人が多いから』だと思いますが?

そして何かと男女平等をうたいながら何か問題が起こり批判されれば女性だから批判されていると言い出すのも原因だと思います。

”望月:常々思うのですが、稲田朋美さんの防衛省の日報問題や蓮舫さんの二重国籍問題でも、男性記者は明らかに言葉の強い厳しい質問を繰り返していました。記者だけでなく男性議員のなかにも女性議員を執拗に追及したいという気持ちが蔓延しているように感じます。ニュースであれだけ異様に取り上げることもリンチにしか見えず、女性議員に対する報道のあり方は見直されるべきです。

 モリカケ問題はスキャンダルよりもっと重要な国家レベルの問題じゃないですか。山尾さんや稲田さんを執拗に追及してきた男性記者の半分でもいいので、官房長官の定例会見に出て、女性議員を追及するのと同じ熱量で厳しく追及してはどうかと思います。【記事より抜粋】”

 

蓮舫氏にしても山尾氏にしても以前ご自分らが批判していたことに対して批判した内容と同じ行動をしているから批判されているだけではないでしょうか?

またモリカケ問題はマスメディアが炎上させただけで与党議員の関与の事実は出てきていませんが?

また望月氏はご自分の質問の仕方が悪いのは鑑みてないのでしょうか?

もし国家レベルの問題だとするなら野党とマスメディアの一連の動きそのものが一番の問題と私は思います。

女性だからではなく自分たちの行動に対して批判されているということをちゃんと理解してほしいです。

news.livedoor.com

文科相、認可妥当性強調 「新たなニーズに対応」に対する私見

衆院文部科学委員会は15日、政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題について審議し、林芳正文科相は「設置構想が、特区のプロセスの中で先端ライフサイエンス研究の推進など新たなニーズに対応すると確認された」と述べ、学園の計画を認可したことの妥当性を強調した。

 文科省の義本博司高等教育局長も、計画が特区での学部新設を認める際に政府が設けた「4条件」を満たしているかについて「特区を所管する内閣府を中心に段階的にプロセスが進められ、4条件は満たされていると確認した」と説明した。

 自民党義家弘介氏らへの答弁。この日の文科委は計4時間の質疑で、このうち立憲民主党希望の党などの野党側には計2時間40分の割り当てとなった。【記事より抜粋】”

 

またガイ野党が加計学園の設置審に対していちゃもんをつけているみたいですね。

4条件に関しては文科省が調べてWGで合致していなければそれを説明すればよかった話でそこを通過した時点で終わった話だと思います。

といいますか大学の許認可権を持った文科省が調べないでほかが調べて基準と合致するか確認するなら文科省必要ないですよね?

また違法性もなく手順や申請等に不備がない状況で認可を先延ばしにする理由がどこになるのか聞きたいです。

疑惑があるからとか自分たちが納得してないからという理由が通るわけがないのです。

また質問の情報源が新聞とかテレビとかが元になっていることについて以前から思っていたのですが自分たちでその情報を直接確認しにってないことが明白であり調査能力がないことを自白しているようなものではないでしょうか?

ガイ野党の皆さんはまず自分たちでその情報が正しいのか確認したうえで質問に立ったほうがいいと思います。

結局いまだに疑惑があるとか疑問が残るとか言ってるだけで何が問題なのかも示さず仕事してますアピールで時間を無駄に使っている印象しかありませんでした。

www.sankei.com