ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

国会閉会中審査 8月10日 PKO日報問題 感想

まずこの議論本当に必要なんでしょうか?

今回の問題は日報に戦闘の記述があったことから始まったんでしたか?

国会の答弁でもありましたが、現場での感覚または広義の意味での戦闘と法的な戦闘の定義が違うので日報に書かれていたとしてもそれがすぐにPKO派遣法に関わるものではなかったと記憶しています。

また自衛隊の日報に関しては、機密情報も含まれるとで私は公開する必要はないとまうんですが。

今日の国会で某民進党議員があれこれ聞き出そうとしてましたが、あの議論も私は必要ないと思います。

手書きの手帳のメモがあるからなのか知りませんが、あれの信憑性を求めるなら書いた本人を特定してその人がその場にいたのか証明しないといけないと思うのですがそのあたりの情報が私にはありません。

次にメモに書かれていた本人にメモの内容を肯定するか聞いていましたが、これを答えた場合答えた事実を持って関係者すべてに確認を始めそうですよね。

答えなくて正解だと思います。

また防衛大臣に監察で得た資料を出せみたいに言ってましたが、大臣が答えていたように監察に対策を取られかねないなどの懸念から非公開資料としているとのことでしたが、私はそれでいいと思います。

また非公開資料を大臣の権限で公開する方が今後おかしくなると思います。

その答弁に対して残念ですと言って締めた民進党議員の方が色々残念だと感じました。

メモの内容の信憑性はわかりかねますが、それと今回の答弁だけの感想になりますが考えようによってはメモの内容と一致する証言が少なかったのではないかと感じました。

この閉会長審査私個人の意見ですが無駄だと思います。