ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

自民党議員、安倍政権への苦言を聴く会

まず最初に

「正気ですか?」と言ってみる。

政治ですからすべてにおいて正解なんてことはないでしょう。

今やってることはすべて安倍政権に対する苦言だけですか?

私はすべての自民党議員に対する苦言・野党の行動に対する苦言とかも集約するならわかりますが政権に対する苦言だけ聴く会なんて作る意味が分かりません。

 

初回の講師は政治評論家の森田実氏。「自民党の現状は相当深刻」と語ったうえで、憲法改正についても「国民投票で間違いなく否決になる」と断じた。後藤田正純衆院議員は、都議選の街頭演説で首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫んだことについて、「なぜ執行部は誰も『おかしい』と言わなかったのか」と、党側に苦言を呈した。【記事より抜粋】”

 

憲法改正論議国民投票で否決されようがやったほうがいいと私は思いますが。

まして、国民投票は条文ごとだったと記憶しますが全部が通るわけないでしょ?

また「こんな人たちに負けるわけにはいかない」にかんしては、法を作る政治家が選挙妨害をしている集団を戒める発言をしないほうが問題だと思いますよ?

それを問題にするほうが問題ではないでしょうか?

 

もう少し自分らの立ち位置を見極めた政策論で勝負したほうが私はいいと思います。

www.asahi.com