ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

Jアラート「利用者が勉強を」奥野氏、発言撤回 に対しての私見

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた全国瞬時警報システム「Jアラート」でのスマートフォンの受信トラブルを巡り、所管する総務省奥野信亮副大臣が30日の参院外交防衛委員会で「使っている方がもう少し勉強していただければ」と発言した後、自ら撤回する場面があった。【記事より抜粋】”

 

これはちょっと待ってほしい、携帯会社によって発信されないことはすでに告知されていました。

ファイル名で分かりますが29年5月29日のものです。

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h29/05/290511_houdou_1-1.pdf

 

この情報が周知されていないのはマスメディアがこの手の情報の発信を広くするのを拒むからではないでしょうか?

確かに政府からの発信も少なかったかもしれませんが加計疑惑で騒ぐことに夢中のマスメディアにこう言った国民などに大事な情報をないがしろにした責任がないとは思えません。

またこういったものをあたかも今更追及している野党はいったい何を考えてるのかわかりません。

政府が足りないと思うのなら野党側もHPなので周知する努力をするのが筋ではないでしょうか?

こういったことがなされていない状況でさも今回が問題があったかのように追及するのは間違いだと思います。

また事前に情報が開示されている以上利用者が自分で確認するのは当然だと思われます。

www.yomiuri.co.jp