ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

辺野古基金への寄付、給料天引き 「オール沖縄」中核企業が労基法違反の疑いに対する私見

米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設阻止をめぐって翁長雄志知事を支える「オール沖縄」勢力の中核企業、金秀(かねひで)グループ(那覇市、呉屋守将(ごやもりまさ)会長)が7月から、移設阻止を目的とした「辺野古基金」への寄付金を、従業員から給料天引きで集めていることが分かった。同社は「対象は賛同者のみ」としているが、労働基準法が賃金控除にあたって義務付けている「労使協定」を締結しておらず、労基法違反の疑いが浮上している。【記事より抜粋】”

 

所属している会社の役員がこういうことに熱心だと従業員が苦労しますね。

 

”金秀グループのある社員は「従業員の中には翁長知事支持と辺野古移設阻止を先頭に立って訴えている呉屋会長の意向を忖度(そんたく)し、やむを得ず寄付している人も少なくない。会社側から事前に詳しい説明がなかったため、給料天引きが1カ月だけと勘違いしていた社員もいる」と話す。

自民党関係者は「会社側が寄付の実績を昇進の判断材料に利用しかねない。従業員から寄付を募るならば各事業所に募金箱を置けば済む話。自主性は建前にすぎず、事実上の半強制的な寄付だ」と批判している。【記事より抜粋】”

 

上下関係で断れない強制性で被害を受けるのは主に下につく人たちです。

これから選挙が始まれば、投票先をお願いされることもあるでしょうし私はそういう個人に自由を束縛しすぎる組織は嫌いです。

 

www.sankei.com