ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

「9条への自衛隊明記は危ない」あらためて強調に対する私見

”総選挙の結果を受け、与野党8党の代表者が10月23日、NHKの特集番組に出演し、今後の政治課題について討論した。社民党から吉田忠智党首が出席した。

議論は憲法問題が中心的論点に。9条に自衛隊を明記する安倍首相の提案について吉田党首は「歴代自民党政権自衛隊合憲との解釈との整合性はどうなるのか」と疑問を呈するとともに、「自衛隊を書き込むことはそれ(違憲の戦争法)にお墨付きを与えることになる。(戦力不保持・交戦権否認の9条)2項を空文化させることになる」とあらためて強調した。【記事より抜粋】”

集団的自衛権に関しては憲法に明記されていない解釈の上にあるものを違憲とかにしてあるわけですがそれは解釈の違いであってそれは本当に違憲と言えるのでしょうか?

憲法と法律において誰かが違憲とすればその法律はなくなることになるのではないでしょうか?

憲法の解釈においては行政・司法・立法府がそれぞれ解釈権を有しているものでありそのもの自体は私は意見とは思えないのですが。

また戦争法などという法律は存在しない。

 

立憲民主・長妻昭代表代行は、自衛隊明記はフルスペックの(限定のない)集団的自衛権行使の合憲解釈につながりかねないとして「立憲主義、国家権力に歯止めをかけるという観点から自衛隊憲法に明記することは否定的」と発言。【記事より抜粋】”

 

自衛隊明記だけで立憲主義に反するものではないものと思います。

個別にしろ集団にしろもともと国家として有しているのが自衛権でありフルスペックになったからと言って何が問題があるのでしょうか?

そもそも憲法は国の権力を縛るものであって国民の生命と財産を守るべき自衛隊自衛権を縛ることのほうがおかしいのではないのでしょうか?

 

希望・樽床伸二代表代行は「時代に合ったものにしていくべきというのが大前提。9条についても逃げることなくしっかり議論していくべきだ」と述べ、改憲に前向きの姿勢を示した。【記事より抜粋】”

 

憲法が制定されと時になかった兵器が生まれ現状の枠組みでは難しくなってきているものと私は思います、そういったものを踏まえ議論をしてただきたいものですね。

 

blogos.com

 

”立憲民主、民進、共産、社民の4野党幹部らが3日、護憲派の市民団体が国会周辺で開いた集会にそろい踏みし、憲法9条への自衛隊明記など安倍政権下での憲法改正に反対し、阻止する考えを訴えた。

 立憲民主党枝野幸男代表は「野党は国会では少数派だが、国民は安倍晋三首相に『9条を改悪していい』と白紙委任したわけではない」と述べ、首相と厳しく対峙していく意向を示した。

 共産党志位和夫委員長は「自衛隊を別の条項で明記すれば、一人の戦死者も出さず、海外派兵の壁となってきた9条2項が死んでしまう」と指摘。国民の間で改憲反対の動きが広まることに期待を示した。【記事より抜粋】”

 

ガイ野党に私は委任した覚えもありません。

自衛隊明記と海外派兵にどうつながるのかがいまいちわからないのですが?

PKOで戦死者が出てこなかったのは今まで日本が取り組んできた物と自衛隊の皆さんの努力と運がよかっただけで憲法9条2項のおかげではありません。

そのような宗教染みた理由で憲法に明記されている改憲の項目を否定することが立憲主義なんでしょうか?

また国会議員ならば市民とデモなどや集会で演説するよりも国会内できちんとした中身のある答弁で答えを出したほうが私は良いと思います。

ほんとにこの国壊議員の集まりが国会に必要なのか私には理解できないんですが?

 

中身のある議論ができないガイ野党にほんとに審議時間が8割も必要なんでしょうか?

国民を愚弄するのもいい加減にしてほしいと思います。

 

ryukyushimpo.jp