ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

「質問時間削減はご都合主義」 枝野代表が自民を批判に対する私見

国会での野党の質問時間削減をめぐり、立憲民主党枝野幸男代表は12日、名古屋市の街頭演説で「我々が与党の時に野党の持ち時間を長くした。それを求めた野党を知っていますか? 自民党っていうんですよ」と述べた。そのうえで、「与党になったら、野党の時間を短くしろと言う。こういうのをご都合主義と言うんじゃないでしょうか」と批判した。【記事より抜粋】”

 

民進党は自分たちの都合の悪い維新のに質問させないために維新の質問時間を削っていたと記憶しています。

それこそご都合主義ではないでしょうか?

 

枝野氏は自民党の対応について、「よほど野党に国会で聞かれたらまずいことがたくさんあるから、野党の時間を短くしたいとしか言いようがない」と指摘。さらに「(野党が)2分ぐらい聞いたら、10分ぐらい延々と関係ないことをベラベラしゃべり続けているのは、どこの誰なんですか? 安倍晋三首相じゃないですか」とも語った。【記事より抜粋】”

 

まず本来必要な暫定条件等を言わないで質問をするのでその説明から話す必要になりその分時間が増えているように感じます。

自分たちが都合のいいような印象を与えるために抜いてはいけないところを抜いて質問をしているのが原因だと私は考えます。

これもご都合主義としか言えないと思います。

 

演説後、枝野氏は記者団に対し、「議院内閣制なので、与党としての主張は、大臣、副大臣政務官が、答弁と称して長々と訴えている」と指摘した。自民党が提案している「与党5対野党5」の質問時間の割合について「5対5にしたら、我々が十分に質問しきるまで、強行採決を一切しないでやるのか」と述べた。【記事より抜粋】”

 

強行採決拒否をしているだけで理由もなく妨害しているようにしか見えない。

自分たちが審議したくない採決したくないから議会を荒らしていて審議が尽くされていないということのほうがご都合主義かと。

質問時間があってもまともな審議ができないのですからそれこそ質問時間は私は長くは必要ないと思います。

 

結論 ガイ野党の都合で批判にならない批判を言っているだけだと思います。

headlines.yahoo.co.jp