ひなたの部屋

なんとなくニュースに対して思ったことを書きたい

安倍首相、15日の臨時閣議で来年10月の消費税増税への対策を指示へ に対する私見

安倍晋三首相は、15日の臨時閣議で来年10月に予定している消費税率10%への引き上げに備えた対策を早急に講じるよう指示する。増税による景気減速懸念がくすぶる中、中小企業対策など環境整備に万全を期すことで、経済の腰折れを最小限に抑えたい考えだ。

 14日、複数の政府関係者が明らかにした。【記事より抜粋】”

 

消費税は増税されないに越したことはないのですが、一応法律としてで決まっていることなので総理自身がいきなり止めますとは言えないというのをどこかで見聞きしたような気がします。

 

なので、延期するにしてもやめるにしても改正案を出さなければいけないわけですが・・・

反対している野党からも出たという記事は見たことがありません。

 

社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法
一部を改正する等の法律》

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/201311.pdf

 

増税対策の柱は、中小小売店でクレジットカードなどキャッシュレス決済で買い物をした消費者を対象に、購入額の2%分をポイント還元する制度が有力。国が2%分を補助し、関連予算を31年度当初予算に盛り込む方向で検討する。カード会社への手数料や端末設置など中小事業者の負担を軽減する。自動車や住宅購入支援のための減税策も課題となる。

 酒類と外食を除く飲食料品と新聞などの税率を8%に据え置く軽減税率についても、増税と同時に円滑に実施できるよう、首相はレジ改修など必要な準備を急ぐよう指示する方針だ。【記事より抜粋】”

 

私は法律等の専門家ではないのでよくわからないこともあるのですが、そこまでしてあげる必要はほんとにあるのでしょうかね?

それにレジでの作業が増えると回転率の低下等でも店の売り上げ等に影響が出るのではないでしょうか?

まあ、新聞に軽減税率はいらないと思いますけどね。

 

www.sankei.com